長門摩弥さんが働く信濃文化病院についての紹介|看護師の働く求人情報を紹介するサイト【ユタカピア看護】


長門摩弥さんは今何をしているのですか?

現時点では、細かな担当は決まっておらず、シフトによって人が少ないところのサポートに入っています。しかしながらほとんどの人は担当する科は決まっていて、私を含め経験が浅い人や病院に就いてから間もない人は研修も含めて適正な科を調べるためにも色んなところへ参加します。いまはしばらく経ってきたこともあり、少ない科へ重点的に回されて先輩についていきます。

 

看護師を目指そうと思ったきっかけは?

けっこうありきたりな話なのですが、最初は小学校の時に入院してその当時の看護師さんがすっごくかっこよく見えました。退院してからはその記憶も薄れていったのですが、小学校卒業時に、生徒全員が将来の夢を書く文集があり私はその時に看護師になりたいことを書いていました。この文集はタイムカプセルとして10年後の同窓会で開けようということになり埋められます。そこから約10年の時を経て、掘り起こしてみた時に自分の文を見て「こんなこともあったかな」と昔の夢を思いだし、看護師になるための勉強を始めました。

 

働いて実際どうでした?

夢と現実のギャップ。そして小さい頃の思い出では、簡単にやってそうという印象がありましたが、見るのと実際に自分がするのとでは当然大きな違いがありました。しかもまだ、新米なのでまだこれからといった感じです。

タグ情報

看護師の働く求人情報を紹介するサイト【ユタカピア看護】