谷村恭子さんが働く青木診療クリニックについての紹介|看護師の働く求人情報を紹介するサイト【ユタカピア看護】


看護師を目指そうと思ったきっかけは?

これは私が高校生の頃のお話です。祖父が入院することになり苦しむ姿を見ているだけで何もできない自分にもどかしさを感じていました。私はそばにいるだけ、動いてくれているのはお医者さんと周りの看護師さん。何とかしてあげたいという気持ちとは裏腹に実質的に助けているのは他人の人たち…。自分が何もできないのは医療に対する知識や技術がないから…こんな気持ちに陥った時に私が看護師になれば自分ですぐに動けると感じたのがきっかけでしたね。

 

働いて実際どうでした?

初心の時の気持ちは今でもあります。ですが、私はきびきびとした迅速な動きや機転を利かせた行動というのはどうしても人と比べると劣ってしまい、働き始めてももどかしい気持ちは多々出てきます。気持ちだけでは人を助けることができないという厳しい現実を改めて感じました。

 

陣内貴美子(看護婦長)さんから見て谷村恭子さんはどんな存在ですか?

彼女は、自分のことを追い詰めるかのように深く考えていますが、きちんと「人のために何かをしたい、助けてあげたい」という気持ちが行動に現れていると思っています。そのことについては患者さんも感じているんじゃないかなと思っていますがどうなんでしょうかね。ストイックな部分が強く表れる傾向にあるので谷村さん本人は気付けていないだけかもしれません。彼女のような存在はとても貴重な人材ですよ。

タグ情報

看護師の働く求人情報を紹介するサイト【ユタカピア看護】